• ホーム
  • フルオラシルの効果は?肝斑を含むほくろやシミを薄くする美白効果に注目

フルオラシルの効果は?肝斑を含むほくろやシミを薄くする美白効果に注目

フルオロウラシルという医薬品成分があります。もともとは、悪性腫瘍の治療薬として使われているお薬です。通常の使い方では抗がん剤の役割がありますが、5%などに希釈した軟膏やクリームなどは一般的に美白効果を見出す医薬品として注目されるようになりました。肝斑やホクロ、シミといった女性にはコンプレックスにもつながる肌の症状を改善してくれるお薬です。
ちょっとザラつきがあるクリームですが、患部に適量塗ることでシミやホクロがだんだん薄くなる効果があるとされています。これは海外のメディアでも取り上げられており、海外の女性たちはフルオロウラシル配合のクリームをシミやホクロをなくすためにこぞって使っています。

日本ではフルオロウラシルは抗がん剤として使用されており、肌状態の改善クリームは未認可の状態です。美白効果が抜群とのことですが日本で購入することができないため、海外から個人輸入をすることが近道となります。日本には医薬品の個人輸入通販サイトがあり、ここから個人的に使う場合に限り輸入することができます。フルオロウラシル配合のクリームには先発医薬品や、ジェネリック医薬品が販売されているので、価格帯の比較を検討して購入しましょう。おすすめできるのは、安価に購入できるジェネリック医薬品です。

フルオロウラシル配合のクリームには副作用を引き起こす可能性も示唆されています。クリームを塗り続けていることで、塗布部の周りが赤く変わってしまうことがまれにみられます。この赤みは使用を中止しても1~2ヶ月ほどは消えないことがあるようなので気を付ける必要があります。
また、抗がん剤による化学療法として使われている医療用医薬品の希釈クリームですので、肌が焼けてしまう(色素沈着)といった症状も見られることもあるようです。こういった副作用を防ぐためには、薬を塗布したら紫外線や直射日光を避けましょう。長袖を重ねて着用することをおすすめしています。
また高い割合で、皮膚の炎症やひび割れのような症状がみられるようです。症状が強く感じたりする場合は使用を中止し、様子を見ていきましょう。症状がひどい場合はクリームを持参し皮膚科医の診察を受けてください。

ここまで言うと怖いお薬のようなイメージも否めませんが、正しい使用法で使うことで美白効果がしっかりと得られます。海外医薬品の個人輸入サイトではまとめ買いもできますが、まずは1本からお試し購入してみてはいかがでしょうか。