• ホーム
  • ルミガンの入手方法は個人輸入がお得!使い方のポイントも教えます!

ルミガンの入手方法は個人輸入がお得!使い方のポイントも教えます!

きれいな目とまつげ

まつ毛育毛剤が注目されている中、日本で効果がある育毛剤としてインターネット上で紹介されているのがルミガンです。この医薬品は日本でも販売されていますが、要処方箋医薬品であるため気軽に購入できないデメリットがあります。もともとは、緑内障・高眼圧症の治療薬で、その副作用にまつ毛の増毛や多毛が紹介されています。この副作用を利用してまつ毛は生える言われるようになったため、日本ではどんなにまつ毛を生やしたいと訴えても、緑内障の治療薬であるルミガンを病院で処方することはできない決まりとなっています。ルミガンと同じ成分で使い方と名称を変更した睫毛貧毛症治療薬は販売されていますが、日本で購入する際は保険適用外のため、1ヶ月分で2万円ほどと高額に上るようです。もちろん、クリニックに行かなければ購入することはできません。

このことから、少しでも安くルミガンの入手方法があれば知りたいという人におすすめしたいのが、個人輸入通販サイトです。海外の医薬品会社から直接買い付けを行い輸入するという仕組みですが、代行会社に輸入代行を依頼できるため、購入者には大きな負担はなく、一般的な通販でのお買い物感覚でお取り寄せができます。シンガポールやインドといった海外からの発送になり、税関通過のタイムラグもあるため到着までに時間がかかりますが、1本3,000円ほどと安価で購入できるメリットだけは大きいといえるでしょう。
これ以外の入手方法は偽薬の可能性もあるため信頼できる個人輸入通販サイトを利用するようにしましょう。

前述のとおり、ルミガンは緑内障・高眼圧症治療薬というのが正規の適応症です。まつ毛育毛剤として使い方を誤ると私たちの目に重篤な病気を引き起こす可能性が考えられます。直接点眼をすることはせず、別売りのアプリケーターを使用して、まつ毛の際に塗ることが正しい使い方です。アプリケーターブラシはインターネットサイトなどで購入することができるので、片眼ずつ使い捨てができる量を確保しましょう。衛生的に使用することで、安全に使うことができるうえ育毛剤としての役割だけを引き出すことができます。
アプリケーターはまつ毛の生え際以外の部分に塗布しないことも守ってください。多毛症の副作用は、眉毛やまぶた全体に及ぶことがあります。予期せず場所にたくさんの毛が生えてしまう可能性もあるため、使い方をきちんと把握できた人だけが個人輸入通販サイトから購入するようにしましょう。